コ - トリオキサゾール錠480mg 10個

Condition: New product

1000 Items

$11.95

More info

有効成分

コ - トリオキサゾール[スルファメトキサゾール+トリメトプリム]

リリースフォーム

丸薬

構成

スルファメトキサゾール400mgトリメトプリム80mg

薬理効果

スルファメトキサゾールとトリメトプリムからなる複合抗菌薬。パラアミノ安息香酸(PABA)と構造が類似しているスルファメトキサゾールは、細菌細胞中のジヒドロ葉酸の合成を妨げ、その分子中にPABAを含めることを妨げる。トリメトプリムはスルファメトキサゾールの作用を増強し、ジヒドロ葉酸のテトラヒドロ葉酸への還元を妨げます。これはタンパク質代謝および微生物細胞の分裂を担う葉酸の活性型です。以下の微生物に対して活性である、広域スペクトルの殺菌剤である:ストレプトコッカス属(Streptococcus spp。 (溶血菌株はペニシリンに対してより感受性である)、ブドウ球菌属菌、肺炎連鎖球菌、髄膜炎菌、淋菌、大腸菌(腸毒素産生株を含む)、サルモネラ属菌、コレラ菌、炭疽菌、インフルエンザ菌(アンピシリン耐性株を含む)、リステリア属、ノカルジアアステロイデス、百日咳菌、エンテロコッカス・フェカリス(Enterococcus faecalis)、クレブシエラ属(チフス菌およびサルモネラ・パラチフス含む)、プロテウス属、パスツレラ属、野兎病菌、ブルセラ属(Brucella spp。)、マイコバクテリウム属(Mycobacterium spp。 、シトロバクター、エンテロバクター属(らい菌を含む)、レジオネラ・ニューモフィラ、プロビデンシア、いくつかの種(緑膿菌除く)、シュードモナス、セラチア・マルセッセンス、赤痢菌属、エルシニア属、モルガネラ属、ニューモシスティス・カリニ。クラミジア属種。 (Chlamydia trachomatis、Chlamydia psittaciを含む)。原生動物:プラスモディウム属種、トキソプラズマゴンディイ病原菌、アクチノミセスイスラエライ、コクシジオイデス腸炎、ヒストプラスマカプシラタム、リーシュマニア属種。薬剤に耐性である:コリネバクテリウム属種、緑膿菌、結核菌、トレポネーマ種、レプトスピラ種、ウイルス。腸内のチミン、リボフラビン、ニコチン酸および他のビタミンB類の合成を減少させる大腸菌(Escherichia coli)の重要な活性を阻害する。

適応症

感受性病原性細菌叢に関連する疾患には、Co-trimoxazoleが推奨される。 Co-trimoxazoleが指示される条件: - ENT-実践:喉頭炎、中耳炎、副鼻腔炎。気管支拡張症、気管支炎(徴候は急性および慢性、および悪化を予防する必要性がある)、胸膜膿瘍、肺炎(治療および予防)、肺膿瘍などの気道の病状。 Co-trimoxazoleは、AIDS患者のPneumocystis cariniiに関連する肺炎に使用することができる。 - 皮膚科:ざ瘡、膿皮症、組織膿瘍、沸騰、創傷感染。 - 消化器病:細菌起源の下痢、コレラ(他の薬剤と組み合わせて)、シゲラ症、パラチフス熱、腸チフス、胃腸炎(E.大腸菌)、胆管炎、胆嚢炎。 - 泌尿器科診療:腎炎、腎盂腎炎、急性および慢性の膀胱炎、尿道炎、副睾丸炎、前立腺炎。 - 性感染症:淋病、鼠径肉芽腫、性感染性線維肉腫、軟性膵炎。 - 手術や他の感染症:髄膜、脳膿瘍、マラリア、敗血症、咳(他の薬物と組み合わせた)、トキソプラズマ症、骨髄炎(慢性および急性両方)、ブルセラ症、南米芽球症。

禁忌

- 既存および補助コンポーネントに対する耐性。 - 肝機能障害(重度の形態)。 - 腎臓の排泄機能の不足(クレアチニンクリアランスが15ml /分未満)。 - 血液形成の病理:B12欠損貧血、白血球減少、無顆粒球症。グルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼの欠如。 - 2ヵ月未満の年齢。 - 母乳育児、妊娠。腎臓排泄機能が不十分(クレアチニンクリアランス15-30 ml /分) - トリトリオキサゾールは、最初の3日間は通常の用量で処方され、次いで用量を半減させる。 - 潜在的な葉酸欠乏。 - アレルギー反応の傾向。 - 気管支喘息。 - 適度に甲状腺機能と肝臓を障害する。 - 高齢者(葉酸薬の追加処方が必要)。 Co-trimoxazoleは、ベータ溶血性連鎖球菌群Aに関連する感染の第一線の薬剤ではない(耐性株の蔓延を考慮して)。

妊娠中および授乳中に使用する

妊娠と授乳に禁忌。
投与量および投与
錠剤は経口的に服用することを意図しており、1回の投与量の服用間隔は12時間である。指定された用量の間隔にできるだけ正確に付着することを推奨します(これにより、治療レベルの抗菌物質を体内に維持することができます)。投薬は個々である(病原性細菌叢、疾患の重症度および動態、ならびに年齢、体重および腎排泄機能を考慮する必要がある)。推奨される平均単回投与量(1回の投与量は1日2回): - 12歳以上の人2人。 - 6-12歳の患者 - 1錠。 - 6ヶ月から5年の患者の場合 - 1/2錠。 - 2ヶ月〜6ヶ月の患者 - 1/4ピル。 Co-trimoxazoleによる抗菌治療の平均期間は5〜7日間です。病気の臨床徴候がなくなっても、抗生物質治療の経過を中断しないでください。より長期の治療(14日まで)が必要な場合は、治療の7日目から成人が平均用量の50%を服用することが推奨されます。ブルセラ症の急性型の場合、抗菌薬の投与期間は3〜4週間、パラチフス熱および発疹チフスで1-3ヶ月であるべきである。特別な投薬の場合: - 泌尿器系の感染症の慢性形態(予防として) - 成人一晩、12才未満の子供、夜間の体重1kgあたり12mg(用量はスルファメトキサゾールに基づいて計算される)。最大12ヶ月の予防期間。 - 膀胱炎の場合、7-16歳の患者は、12時間ごとに1錠を3日間(計6回の単回投与)処方される。 - 淋病が4-6錠を処方されている場合は、12時間の休憩で3回に分けられます。 - Pneumocystis cariniiに関連する肺炎では、1日にトリメトプリム15-20mg / kgおよびスルファメトキサゾール120mg / kgが処方される。毎日の投与量を4回に分けて(6時間間隔で)投与する。コースは14日間です。治療期間が14日を超える場合、腎臓、肝臓および造血系の機能的活性をモニターすべきである。高い(ショック)用量の目的では、(結晶尿症の予防のために)豊富な飲料が必要とされる。紫外線は、治療中に望ましくない反応(光感受性)の発症を誘発し得る。患者は、治療期間中、日焼けや日焼けのベッドを排除する必要があります。

副作用

胃腸管:食欲不振、嘔吐、消化不良、壊死性および胆汁うっ滞性肝炎、膵炎、舌炎、偽膜性腸炎、口内炎などの身体システムによって分類されます。 - 血液形成:白血球減少症、血小板減少症、貧血、溶血性および再生不良性、好酸球増加症、無顆粒球症。 - 尿路系:腎症の毒性形態、間質性腎炎、晶尿(主にショック線量)、腎機能障害。 - アレルギー反応:多形性紅斑、蕁麻疹、かゆみおよび皮膚発疹、ライエル症候群、アレルギー性心筋炎、スティーブンス・ジョンソン症候群。 - 末梢神経炎、肺浸潤、頭痛、高カリウム血症、低ナトリウム血症、衰弱、温熱、関節および筋肉の痛み、光感受性反応など、患者に記録されたその他の副作用。咳、発疹および関節痛、および他の顕著な副作用の発症には、薬剤の即時回収が必要である。

注意事項

胃腸管:食欲不振、嘔吐、消化不良、壊死性および胆汁うっ滞性肝炎、膵炎、舌炎、偽膜性腸炎、口内炎などの身体システムによって分類されます。 - 血液形成:白血球減少症、血小板減少症、貧血、溶血性および再生不良性、好酸球増加症、無顆粒球症。 - 尿路系:腎症の毒性形態、間質性腎炎、晶尿(主にショック線量)、腎機能障害。 - アレルギー反応:多形性紅斑、蕁麻疹、かゆみおよび皮膚発疹、ライエル症候群、アレルギー性心筋炎、スティーブンス・ジョンソン症候群。 - 末梢神経炎、肺浸潤、頭痛、高カリウム血症、低ナトリウム血症、衰弱、温熱、関節および筋肉の痛み、光感受性反応など、患者に記録されたその他の副作用。咳、発疹および関節痛、および他の顕著な副作用の発症には、薬剤の即時回収が必要である。

処方箋

はい

Reviews