購入パントギャムシロップ10%100ml

パントギャムシロップ10%100ml

Condition: New product

870 Items

$39.56

More info

有効成分

ホパンテン酸

リリースフォーム

シロップ

構成

活性成分:ホウ酸カルシウム(パントガム) - 10.0g、賦形剤:グリセロール(100%換算)25.8g、ソルビトール15.0g、クエン酸一水和物0.1g、安息香酸ナトリウム0.1g 、アスパルテーム0.05g、食品香味料「チェリー667」0.01g、精製水 - 最高100ml。

薬理効果

ノートロピック剤は、神経代謝性、神経保護性および神経栄養性を有する。それは脳の低酸素への抵抗力を高め毒性物質の効果を高め、ニューロンの同化プロセスを刺激し、軽度の刺激効果と中等度の鎮静効果を併せ持ち、抗痙攣効果を有し、運動の興奮性を同時に低下させる。心身のパフォーマンスを向上させます。それは、慢性アルコール中毒およびそれに続くエタノールの廃止におけるGABAの正常化に寄与する。鎮痛効果を示します。

薬物動態

摂取後すぐに消化管に吸収されます。 Tmax - 1時間。最高濃度は、肝臓、腎臓、胃の壁および皮膚にある。 BBBに突き当たります。代謝されない。それは48時間以内に変わらずに排泄される:糞便をとった場合、67.5%の尿が採取され、28.5%が採取される。

適応症

生命の初日からの周産期脳症を患う小児脳性麻痺の様々な形態行動障害を含むさまざまな重症度の精神遅滞一般的な精神遅滞、特定の発語障害、運動機能およびそれらの組合せの形態の子供における心理状態の違反、学校のスキル(リーディング、ライティング、カウンティングなど)の形成。注意欠陥多動症候群を含む超過運動障害。 、による脳血管における動脈硬化性変化に主に間代性フォーム、ダニ、無機encopresisと夜尿症).Snizhenie mnestiko-知的生産性をpanyingながら、老人性痴呆症、外傷性、毒性、neyroinfektsionnogogenezaの器質性脳損傷の主な形。 (精神分裂病薬と併用して)脳有機障害を伴う精神分裂病(精神分裂性麻痺、ハンチントン舞踏病、抗パーキンソン病など)、ならびに神経弛緩薬の投与によって引き起こされる錐体外路症候群の治療および予防が含まれる。精神障害を遅らせる癲癇および抗痙攣薬と組み合わせた認知生産性の低下。心理的な過負荷、精神的および肉体的な能力の低下、集中と記憶の改善。神経性排尿障害(頻尿、急性尿失禁、緊急尿失禁)。

禁忌

過敏症、急性重症腎疾患、妊娠(1期)、フェニルケトン尿症(シロップはアスパルテームを含む)。

妊娠中および授乳中に使用する

妊娠初期の使用は禁忌です。
投与量および投与
パントギャームシロップ100mg / mlは、食後15~30分で経口摂取する。成人の単回投与量は、通常2.5〜10 ml(0.25〜1 g)、小児は2.5〜5 ml(0.25〜0.5 g)です。成人の1日の投与量は、小児の場合は15-30 ml(1.5 - 3 g)、7.5 - 30 mlの場合(0.75 - 3 g)です。治療の経過は1~4ヶ月、時には6ヶ月までです。 3 - 6ヶ月後に、治療のコースを繰り返すことが可能です。神経系の年齢および病態に応じて、子供には以下の用量範囲が推奨されます:1年目の子供 - 1日あたり5 - 10 ml(0.5 - 1 g)、3歳まで - 5 - 12.5 ml(0.5 - 1.25 g)、3歳から7歳の子供の場合7.5-15 ml(0.75-1.5 g)、7歳以上 - 10-20 ml(1-2 g)。治療法は、最大投与量を15〜40日間以上とし、7〜8日以内に投与量が徐々に減少するまで7〜12日以内に投与量を増加させることを含む。治療の経過は30〜90日です(特定の病気では6ヵ月以上まで)。精神分裂病薬と組み合わせた統合失調症では、1日当たり5〜30ml(0.5〜3g)。治療の経過は1〜3ヶ月です。てんかんと抗けいれん剤の併用 - 1日当たり7.5〜10 ml(0.75〜1 g)の用量。治療の経過は1年以上です。神経弛緩症候群では、錐体外路障害を伴い、1日用量は30ml(3gまで)であり、数ヶ月間治療する。神経系の有機性疾患患者において錐体外路運動異常が1日当たり5〜30ml(0.5〜3g)である場合。治療の経過は4ヶ月以上です。神経保護および頭部損傷の結果 - 1日あたり5〜30 ml(0.5〜3 g)。増加した負荷および衰弱した状態で健康を回復させるために、1日3回2.5〜5ml(0.25〜0.5g)がパントッグに処方される。子どもの排尿障害については、それぞれ2.5~5ml(0.25~0.5g)、1日用量は25~50mg / kg、治療経過は1~3ヶ月である。成人、5〜10ml(0.5〜1g)、1日2〜3回。長期治療の条件では、他のノートロピック剤および刺激剤との同時投与は推奨されない。薬剤のノートロピック効果を考慮すると、その投与は、好ましくは、午前と午後に行われる。

副作用

アレルギー反応は可能です(鼻炎、結膜炎、皮膚アレルギー反応)。中枢神経系からの副作用(超興奮、睡眠障害、眠気、嗜眠、嗜眠、頭痛、めまい、頭部の騒音)は非常にまれです。この場合、投与量を減らしてください。

他の薬との相互作用

それは、バルビツール酸の効果を延長し、抗痙攣薬、ノートロピックおよびCNS刺激剤、局所麻酔薬(プロカイン)の作用を増強する。これは、フェノバルビタール、カルバマゼピン、抗精神病薬(神経弛緩薬)の副作用を防止する。ホパンテン酸の効果は、グリシン、キシポノムと組み合わせて強化される。

注意事項

他のノートロピック剤およびCNS刺激剤と併用してホパンテン酸を長期間投与することはお勧めしません。

処方箋

はい

Reviews