購入リバビリンカプセル200mg 30個

リバビリンカプセル200mg 30個

Condition: New product

969 Items

$11.95

More info

説明

リバビリン - 抗ウイルス剤

有効成分

リバビリン

リリースフォーム

丸薬

構成

リバビリン

薬理効果

抗ウイルス剤。それはすぐに細胞に入り、ウイルスに感染した細胞の内部で働く。細胞内リバビリンは、アデノシンキナーゼによって一、二、三リン酸代謝物に容易にリン酸化される。リバビリン三リン酸は、イノシン一リン酸デヒドロゲナーゼ、インフルエンザウイルスRNAポリメラーゼおよびグアニリルトランスフェラーゼメッセンジャーRNAの強力な競合阻害剤であり、後者はメッセンジャーRNAコーティングプロセスの阻害によって明らかにされる。これらの多様な効果は、細胞内グアノシン三リン酸の量の有意な減少、ならびにウイルスRNAおよびタンパク質の合成の抑制をもたらす。リバビリンは、ウイルス量を減少させる新しいビリオンの複製を阻害し、正常に機能する細胞におけるRNA合成を抑制することなくウイルスRNAの合成を選択的に阻害する。 CMV、天然痘群ウイルス、マレック病。 RNAウイルス - インフルエンザA、B型ウイルス、パラミクソウイルス(パラインフルエンザ、流行性耳下腺炎)、レウスウイルス、アレナウイルス(ラッサ熱ウイルス、ボリビア出血熱)、ブニヤウイルス(リフトウイルス、リフトウイルス、出入り、出入り、 (腎症または肺症候群の出血熱ウイルス)パラミクソウイルス、発癌性RNAウイルス腎症の出血熱を治療する場合、その重篤度を軽減し、症状の持続時間を短縮するDNAウイルスは、水痘帯状疱疹、偽狂犬病ウイルス、牛痘ウイルスに感受性ではありません。腎臓機能の検査能力を向上させ、出血性合併症のリスクおよび疾患の有害な結果を軽減します。 RNAウイルス - セムリキ森林のエンテロウイルス、ライノウイルス、脳炎ウイルス。

適応症

経口投与の場合:成人(インターフェロンアルファ-2bまたはペグインターフェロンアルファ-2bと組み合わせて)の慢性C型肝炎の治療非経口:腎症を伴う出血熱外部的には単独療法として、または経口投与用のリバビリンおよび非経口使用:ウイルスによって引き起こされる皮膚および粘膜の感染単純ヘルペスタイプ1および2、様々なローカリゼーション、生殖器領域でヘルペス帯状疱疹(複雑な治療の一部として)。

禁忌

禁忌があります。説明書を読む前にそれを使用する必要があります

安全上の注意

肝機能障害の申請重度の肝不全、代償性肝硬変、自己免疫性肝炎には禁忌腎機能障害での使用腎不全で禁忌(CC 50ml / min未満)子供での使用18歳未満の小児および青年の禁忌。

妊娠中および授乳中に使用する

リバビリンは、妊娠中および授乳中(母乳育児)に使用することを禁じられています。
投与量および投与
証拠、年齢、適用レジメン、投薬形態に応じて、個体。

副作用

中枢神経系および末梢神経系の部分では、頭痛、めまい、衰弱、倦怠感、不眠症、無力症、うつ病、過敏性、不安、感情不安、神経質、興奮、積極的行動、混乱意識。心血管系から:血圧の低下または上昇、脈絡膜炎または頻脈、心拍、心停止、造血器官の側から:溶血性貧血、虚血性貧血、虚血性貧血、虚血性貧血、白血球減少症、好中球減少症、顆粒球減少症、血小板減少症。非常にまれに - 再生不良性貧血。呼吸器系から:呼吸困難、咳、咽頭炎、息切れ、気管支炎、中耳炎、副鼻腔炎、鼻炎。口腔乾燥、食欲低下、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、 、味覚異常、膵炎、鼓腸、口内炎、舌炎、歯肉からの出血、高ビリルビン血症感覚:涙腺の損傷、結膜炎、視力のぼけ、聴力損失/喪失、耳鳴り筋骨格系:関節痛、ミヤギヤ。横にsの泌尿生殖器系:ほてり、性欲の喪失、月経困難症、無月経、月経過多、prostatit.Allergicheskie反応:皮膚の発疹、紅斑、蕁麻疹、温熱療法、血管浮腫、気管支収縮、アナフィラキシー、感光性、多形性紅斑、スティーブンス・ジョンソン症候群、中毒性表皮壊死症。鼻炎、脱毛症、髪の毛構造の破壊、乾燥肌、甲状腺機能低下症、胸痛、渇き、真菌感染、ウイルス感染(ウイルス感染を含む。ヘルペス)、インフルエンザ様症候群、発汗、リンパ節症。吸入を行う医療従事者は、頭痛、かゆみ、目の潮紅、または眼瞼腫脹を経験することがある。

他の薬との相互作用

リバビリンとの薬学的または他のタイプの相互作用の可能性は、使用を中止して使用を中止してから最大2ヶ月(T1 / 2リバビリンの5期間)持続する可能性があります。ジドブジン。

注意事項

特別な蘇生科のある病院の状態でのみ適用する。代償性糖尿病(ケトアシドーシスの発症)患者、COPD、肺塞栓症(妊娠が望ましくない)、慢性閉塞性肺疾患、慢性心不全、甲状腺疾患(甲状腺中毒症を含む)、血液凝固障害、血栓性静脈炎、骨髄抑制、ヘム(高脂血症、鎌状赤血球貧血を含む)、うつ病、自殺傾向(病歴を含む)、併用HIV感染(高度に活性な抗レトロウイルス療法の背景 - 乳酸アシドーシスのリスク)リバビリンを使用する医療従事者は、その催奇形性を考慮に入れるべきである。

保管条件

室温で。子供の手の届かない場所に保管してください

処方箋

はい

Reviews