Atorisタブレットを購入する30 mg 30 pcs

アトラス錠30 mg 30個

Condition: New product

1000 Items

$25.75

More info

有効成分

アトルバスタチン

リリースフォーム

丸薬

構成

アトルバスタチンカルシウム31.08mg(アトルバスタチン30mgアジュバント:ラクトース一水和物175.24mg、微晶質セルロース52.5mg、hyprolosis-6mg、クロスカルメロースナトリウム-15mg、クロスポビドンタイプa-15mg、ポリソルベート80-680mg、ナトリウム水酸化物 - 1.5 mgのステアリン酸マグネシウム - 3 mg.sostavフィルムコーティング:Opadry(登録商標)ホワイトII HP 85f28751 - 9mgの(ポリビニルアルコール - 3.6 mgの、二酸化チタン(E171) - 2.25 mgのマクロゴール3000から1.82 mgのタルク - 1.33 mg)を。

適応症

高脂血症:原発性高コレステロール血症(ヘテロ接合性家族性および非家族性高コレステロール血症(FredriksonによるII型) - 合併(混合型)高脂血症(FredriksonによるIIa型およびIIb型) - 異脂肪異質血症(III型Fredrikdentemiaダイエットに耐性家族内因性高トリグリセリド血症(フレドリクソンによるIV型)、 - ホモ接合型家族性高コレステロール血症の食事療法の有効性の欠如、および他の非薬理学的方法lecheniya.Profilaktika心血管用疾患: - 冠状動脈性心疾患の臨床徴候がないが、その発症のためのいくつかの危険因子を有する患者の心血管合併症の一次予防:55歳以上、ニコチン依存、動脈性高血圧、糖尿病、HDL-C HDLの低レベル、 STEの全体的な死亡率、心筋梗塞、脳卒中、再入院を減らすために、冠動脈疾患患者における心血管イベントの二次予防 - 脂質異常症の背景に含みますokardiiおよび血行再建術の必要性。

禁忌

肝不全 - ; - (慢性活動性肝炎、慢性アルコール性肝炎を含む)活性相における肝疾患 - 異なる原因の肝硬変 - 原因不明の肝トランスアミナーゼ(ULNと比較bolshe3倍)の増加 - 骨格疾患筋肉 - 妊娠 - 授乳(母乳); - 18歳(有効性と安全性が確立されていない); - ラクターゼ欠乏症、乳糖不耐症、吸収不良症候群グルコース/ガラクトース - 過敏症成分preparata.S注意のいずれかは、歴史の中でアルコール依存症、肝疾患に規定されるべきです。

安全上の注意

違反pecheniS機能の注意のためのアプリケーションは、腎機能の障害に違反pecheni.Primenenie機能のために処方されなければならないpochekPriの用量の変更があるため、必要とされていませんamplodipinaの血漿中濃度は、最大18 let.Primenenie高齢者patsientovSは、高齢者に警告し小児および青年におけるdeteyProtivopokazan pochek.Primenenie機能の低下の程度に依存しません。
投与量および投与
アトラス薬を使用する前に、患者は、薬物による治療中に観察されなければならない血液中の脂質の濃度を低下させる食事に移すべきである。治療を開始する前に、肥満患者の運動と体重減少、および基礎疾患の治療によって高コレステロール血症をコントロールしようとする必要があります。治療は推奨される10mgの初回用量から始まり、1日1回10mg〜80mgであり、LDL-Cの初期濃度、治療の目的および個々の治療効果に基づいて選択される。同じ日に毎日。治療効果は2週間の治療後に観察され、最大効果は4週間後に発症する。投与開始時および/または投与期間中に脂質の血漿濃度を2〜4週間毎に監視し、それに応じて投与量を調整する必要があります。遺伝性および多発性)高コレステロール血症(IIa型)および混合型高脂血症(IIb型)治療は、患者の反応に応じて4週間後に増加する推奨初回用量から開始される。 1日の最大投与量は80mgです。ホモ接合型遺伝性高コレステロール血症:用量範囲は他のタイプの高脂血症と同じです。初期投与量は、疾患の重篤度に応じて個別に調整されます。ホモ接合型遺伝性高コレステロール血症の患者のほとんどで、1日用量80mg(1回)で使用すると最適な効果が認められます。アトラスは、他の治療法(血漿交換療法)に対する追加療法として、または他の方法による治療が不可能な場合の主な治療法として使用されます。腎機能障害は、アトルバスタチンの血漿血漿中濃度やアトルバスタチン使用時のXc-LDL濃度の低下に影響しないため、薬剤の投与量を変更する必要はありません。肝機能障害を有する患者は注意する必要があります。このような状況では、臨床および実験室のパラメーターを注意深く監視する必要があり(ACTおよびALT活性の定期的なモニタリング)、重大な病理学的変化が検出された場合は、Atorisの投与量を減らすか、治療を中止する必要があります。アトラスは10mgを超えてはならない。治療の目標を決定するための推奨事項。国立コレステロール教育プログラムの提言米国NCEP

副作用

副作用の発生率の分類WHO:非常に頻繁に(1/100以上から1/10未満まで)、まれに(1/1000以上から1/100未満まで)、まれに(1/10 000以上から1/1000未満まで) )、非常にまれに(個人的なメッセージを含めて1/10 000未満から)。神経系から:しばしば頭痛、不眠、めまい、感覚異常、無力症候群;まれに - 末梢神経障害、記憶喪失、感情鈍麻、悪夢感:まれに - 耳鳴り;まれに - 鼻咽頭炎、鼻出血;心血管系の部分:鼓動、血管拡張、片頭痛、姿勢低下、血圧上昇、静脈炎、不整脈造血系の側:まれに - 血小板減少症。消化器系では、しばしば便秘、消化不良、悪心、下痢、鼓腸(腹部膨満)、腹痛;まれに - 食欲不振、味覚違反、嘔吐、膵炎;まれに - 肝炎、胆汁うっ滞性黄疸。筋骨格系から:しばしば - 筋肉痛、関節痛、背中の痛み、関節の腫れ;まれに - 筋障害、筋肉痙攣;稀に - 筋炎、横紋筋融解症、腱障害(腱破裂を伴う場合もある)泌尿生殖器系から:まれにインポテンス、二次腎不全皮膚から:しばしば皮膚発疹、かゆみ、まれに - 蕁麻疹;非常にまれに - 血管浮腫、脱毛症、水疱性発疹、多形紅斑、スティーブンス・ジョンソン症候群、毒性表皮壊死、アレルギー反応:しばしばアレルギー反応;非常にまれに - アナフィラキシー。研究室の指標から:まれに - アミノトランスフェラーゼ(ACT、ALT)の血清活性の上昇、血清CPKの活性の増加;非常にまれに - 高血糖、低血糖その他:しばしば末梢浮腫。重篤な有害事象が発生した場合には、アトラス薬の使用を中止する必要があります。アトラスを使用した場合、いくつかの望ましくない影響の因果関係が確立されていません。

処方箋

はい

Reviews