イゾプリノ錠500mg 50個を購入する

イソプレノシン錠500mg 50個

Condition: New product

928 Items

$82.31

More info

有効成分

イノシンプラノベックス

リリースフォーム

丸薬

構成

1タブ。イノシンプラノベックス500mg。賦形剤:マンニトール、コムギデンプン、ポビドン、ステアリン酸マグネシウム。

薬理効果

イソプリノシンはプリンの合成複合体誘導体であり、免疫刺激活性および非特異的抗ウイルス効果を有する。免疫抑制条件下でリンパ球の機能を回復させ、単球細胞の集団における芽球形成を増加させ、Tヘルパー細胞の表面上の膜受容体の発現を刺激し、グルココルチコステロイドの影響下でのリンパ球細胞の活性の低下を防ぎ、チミジンの含有を正常化する。イソプレノシンは、Igg、インターフェロンガンマ、インターロイキン(IL)-1およびIL-2の産生を増加させ、炎症促進性サイトカイン - IL-4およびIL-4の産生を減少させる、細胞傷害性Tリンパ球およびナチュラルキラー細胞、T-サプレッサーおよびTヘルパー機能の刺激効果を有する。 IL-10は、好中球、単球およびマクロファージの走化性を増強する。この薬剤は、単純ヘルペスウイルス、サイトメガロウイルスおよび麻疹ウイルス、ヒトIII型T細胞リンパ腫ウイルス、ポリオウイルス、インフルエンザAおよびB、ECHOウイルス(ヒト腸細胞傷害性ウイルス)、脳心筋炎およびウマ脳炎に対してインビボで抗ウイルス活性を示す。イソプリノシンの抗ウイルス効果のメカニズムは、ウイルスRNAの阻害および特定のウイルスの複製に関与するジヒドロプテロエートシンテターゼ酵素に関連している。それは、ウイルスRNAの生合成およびウイルスタンパク質の翻訳の抑制を伴うリンパ球mRNAのウイルス合成を増強し、抗ウイルス特性を有するインターフェロンαおよびγリンパ球の産生を増加させる。インターフェロンアルファ、抗ウイルス薬アシクロビル、ジドブジンの作用を強化しています。

薬物動態

吸入経口投与後、消化管からよく吸収される。血漿中の活性物質のCmaxは1〜2時間後に測定される。代謝迅速に代謝される。 NN-ジメチルアミノ-2-プロプラノロンは、尿酸の形成を伴う内因性プリンヌクレオチドと同様に代謝され、N-オキシド、p-アセトアミド安息香酸からo-アシルグルクロニドに代謝される。体内での薬物の蓄積は検出されません。T1 / 2の脱離は、N-N-ジメチルアミノ-2-プロプラノロンでは3.5時間、パラ - アセトアミドベンゾエートでは50分間である。腎臓によって排泄される。身体からの薬物およびその代謝産物の排除は、24〜48時間以内に起こる。

禁忌

- 尿石症 - 痛風 - 不整脈 - 慢性腎不全 - 3歳までの子供の年齢(体重15-20kgまで) - 薬物の成分に対する過敏症。

妊娠中および授乳中に使用する

izoprinozinを妊娠中および授乳中に使用することの安全性は確立されていないため、この薬剤の使用は推奨されていません。
投与量および投与
錠剤は、少量の水で食後に採取する。成人と3歳以上(体重15-20kg)の小児および成人の推奨1日投与量は、3-4用量で50mg / kg体重である(成人の場合、6-8錠/日、体重5kgあたり1日2タブ)。重症形態の感染症では、用量を個々に100mg / kg体重/日に増加させ、4〜6回に分けて投与することができる。小児 - 50mg / kg /日の成人の最大一日量3-4g /日。成人および小児における急性疾患の治療期間は、通常5〜14日である。臨床症状が消失するまで治療を継続し、症状がない場合はさらに2日間治療を継続すべきである。必要であれば、医師の監督の下で個々に治療期間を延長することができる。成人と小児の慢性反復性疾患については、8日間のレセプションで休憩を取って5-10日間のいくつかのコースで治療を継続すべきである。維持療法のために、用量を500-1000mg /日(1-2タブ)に減らすことができる.30日以内。成人と小児のヘルペス感染の場合、無症候期間-1タブで、病気の症状が消失するまで5-10日間処方されます。再発回数を減らすために30日間2回/日。成人のパピローマウイルス感染の場合、薬剤は2タブで処方される。 3回/日、小児 - 1/2タブ。単剤療法として14〜28日間3〜4回用量で5kg /体重/日で投与する。再発性の生殖器疣贅では、大人の薬剤は2タブで処方される。 3回/日、小児 - 1/2タブ。単独療法として、または14-28日間の外科的処置と組み合わせて、次いで1ヶ月の間隔で特定のコースを3回繰り返して、5kg /体重/日で3-4回投与する。ヒトパピローマウイルスに関連する子宮頸部異形成の場合、2タブ。1日3回、10日間、次いで10〜14日の間隔で2〜3の同様のコースを過ごす。

副作用

薬物を使用した後の副作用の頻度は、WHO勧告に従って分類される:頻繁に(1%、10%未満)、場合によっては(0.1%、1%未満)。胃腸管の部分で:しばしば - 吐き気、嘔吐、上腹部の痛み、時には下痢、便秘。肝臓および胆道の部分では、しばしば、血漿中のトランスアミナーゼおよびアルカリホスファターゼの活性が一時的に増加し、血漿中の尿素濃度が増加する。皮膚科学的反応:しばしばかゆみがある。神経系から:頻繁に - 頭痛、めまい、衰弱、時には眠気、不眠症。泌尿器系から:時には多尿症。筋骨格系と結合組織の部分では、しばしば関節の痛み、痛風の悪化。

過剰摂取

過量のイゾプリノジンの場合は記載されていない。

他の薬との相互作用

免疫抑制剤を同時に使用することにより、イズプリノシンの有効性を低下させることができる。キサンチンオキシダーゼ阻害剤および尿酸排泄促進剤(利尿剤を含む)は、イソプリノシンを摂取している患者の血清中の尿酸レベルの上昇のリスクに寄与し得る。

特別な指示

イズプリノシンを2週間使用した後、血清および尿中の尿酸の含有量を監視することが推奨される。 4週間の使用後の長期投与では、毎月肝臓や腎臓の機能(血漿中のトランスアミナーゼ活性、クレアチニンレベル、尿酸)をモニターすることをお勧めします。イソプリノシンを尿酸のレベルを上昇させる薬物または腎機能に影響を及ぼす薬物と組み合わせて処方する場合、血清中の尿酸のレベルを制御する必要がある。自動車と制御機構を駆使する能力への影響特別な禁忌はない。

処方箋

はい

Reviews