買うKetorolac-Verte錠10mg N20、

Ketorolac-Verte錠剤10mg N20、

Condition: New product

1000 Items

$11.95

More info

説明

ケトロラクトロメタミン10mgの組成薬理作用ケトロラクは顕著な鎮痛効果を有し、抗炎症および中等度の解熱効果も有する。作用機序は、主に酵素シクロオキシゲナーゼ1および2の活性の非選択的阻害に関連する。疼痛感受性、体温調節および炎症のモジュレーターであるプロスタグランジンの生合成の阻害をもたらす。ケトロラクは[ - ] S鏡像異性体と[+]鏡像異性体のラセミ混合物であり、鎮痛効果は[ - ] S形態によるものである。薬物はオピオイド受容体に影響を与えず、呼吸を阻害せず、薬物依存を引き起こさず、鎮静作用および抗不安作用をもたない。鎮痛効果の強さはモルヒネに匹敵し、他のNSAIDよりはるかに優れています。摂取後、1時間後に鎮痛効果の発現が認められ、1~2時間後に最大効果が達成される。疼痛症候群の重症度に応じて、Ketorolac-Verteの投与量および投与量を1回または反復投与する。痛みの重症度に応じて、1回10mgを繰り返し使用することを推奨します(10mg〜4回/日)。最大日用量は40mgを超えてはならない。経口投与の場合、コース期間は5日を超えてはなりません。使用上の注意治療期間中に乾癬が悪化する可能性があります。褐色細胞腫では、プロプラノロールはα遮断薬を服用した後にのみ使用できます。長期間の治療の後、医師の監督下でプロプラノロールを徐々に中止するべきである。プロプラノロールによる治療の背景に対して、ベラパミル、ジルチアゼムのIV投与は避けるべきである。麻酔の数日前に、プロプラノロールの服用をやめたり、最小の負の変力作用で麻酔薬を服用しなければなりません。ビヒクルおよび制御機構を駆使する能力への影響注意が必要な活動をする患者では、外来患者に対するプロプラノロールの使用の問題は、患者の個々の反応を評価した後でなければならない。副作用頻繁に3%以上、少なくても1-3%、まれに1%未満です。消化器系の部分で:しばしば(特に胃腸管のびらんと潰瘍性病変の病歴を持つ65歳以上の高齢者の患者) - 胃痛、下痢。嘔吐、腹部膨満感、便秘、嘔吐、胃内膨満感などがあまりありません。まれに - 胃腸管の吐き気、びらん性および潰瘍性病変(穿孔および/または出血 - 上腹部領域における腹部または痙攣、メレナ、「コーヒー敷地のような嘔吐」、悪心、胸やけなど)胆汁うっ滞性黄疸、肝炎、肝腫、急性膵炎。尿路系疾患:まれに - 急性腎不全、血尿および/またはアテローム性動脈硬化症を伴うまたは伴わない背痛、溶血性尿毒症症候群(溶血性貧血、腎不全、血小板減少、紫斑)、頻尿、尿量の増加または減少、腎臓の発生。感覚の部分ではめったにない - 難聴、耳鳴り、視力障害(視覚のぼけを含む)。呼吸器系では、まれに:気管支痙攣または呼吸困難、鼻炎、喉頭浮腫(息切れ、呼吸困難)。中枢神経系の部分では、しばしば頭痛、めまい、眠気、まれに無菌性髄膜炎(発熱、重度の頭痛、痙攣、頚部および/または背筋)、多動(気分の変化、不安)、幻覚、うつ病、心臓血管系以降、血圧が上昇することは稀であり、まれに肺水腫、失神することが少なくなります。血液形成臓器の側面から:めったに - 貧血、好酸球増加、白血球減少症。止血システムから:まれに - 術後創傷からの出血、鼻血、直腸出血。皮膚の部分では、皮膚発疹(黄斑浮腫を含む)、紫斑病、稀に剥脱性皮膚炎(寒冷の有無にかかわらず発熱、紅斑、肌の硬化または剥がれ、扁桃の腫脹および/または圧痛)、蕁麻疹、スティーブンズ症候群ジョンソン、ライエル症候群。局所反応:頻度が少なく、注射部位での灼熱や痛み。アレルギー反応:まれにアナフィラキシーやアナフィラキシー様反応(皮膚の変色、皮膚の発疹、蕁麻疹、かゆみ、呼吸困難、眼瞼浮腫、眼窩周囲浮腫、息切れ、呼吸困難、胸部ひどさ、喘鳴)。その他:頻繁に腫れます(顔、足、足首、指、足、体重増加)。頻度が低い - 過度の発汗、まれに - 舌の腫れ、発熱。具体的なガイダンス血小板凝集に対する効果は24-48時間後に終了する。血液量減少は腎臓からの有害反応のリスクを高める。必要に応じて、麻薬性鎮痛薬と組み合わせて割り当てることができます。パラセタモールと同時に5日間以上使用しないでください。凝固障害を有する患者は、特に術後期間において重要な血小板数の絶え間ない監視のみを用いてこの薬剤を処方され、それは止血の慎重な監視を必要とする。自動車と制御機構を駆使する能力への影響Ketorolaka-Verteを処方する際には、かなりの割合の患者が中枢神経系の副作用(眠気、めまい、頭痛)を抱くため、注意を喚起し、メカニズムなど)。妊娠中および授乳中に使用妊娠、出産および授乳に禁忌。種類:医薬品パッケージ内の量、個数:20有効期間:24ヶ月適用範囲:抗炎症薬および麻酔薬有効成分:ケトララック(ケトララク)投与経路:経口バケーションスケジュール:処方放出形態:処方保存条件:サンルームから保護し、子供から離して保管最大許容保管温度°C:25薬理グループ:M01AB酢酸誘導体最低年齢:16歳

有効成分

ケトロラック

リリースフォーム

丸薬

構成

ケトロラカトロメタミン10 mg

薬理効果

Ketorolacは顕著な鎮痛効果を有し、また抗炎症および中等度の解熱効果を有する。作用機序は、主に酵素シクロオキシゲナーゼ1および2の活性の非選択的阻害に関連する。疼痛感受性、体温調節および炎症のモジュレーターであるプロスタグランジンの生合成の阻害をもたらす。ケトロラクは[ - ] S鏡像異性体と[+]鏡像異性体のラセミ混合物であり、鎮痛効果は[ - ] S形態によるものである。薬物はオピオイド受容体に影響を与えず、呼吸を阻害せず、薬物依存を引き起こさず、鎮静作用および抗不安作用をもたない。鎮痛効果の強さはモルヒネに匹敵し、他のNSAIDよりはるかに優れています。摂取後、1時間後にそれぞれ鎮痛効果の発現が認められ、最大効果は1〜2時間後に達成される。

適応症

- 中等度の疼痛症候群および様々な起源の強い強度(術後期間、癌などを含む)。

禁忌

- ケトロラクまたは他のNSAIDsに対する過敏症、「アスピリン」喘息、気管支痙攣、血管浮腫。 - 血液量減少(それを引き起こした原因にかかわらず)、脱水。 - 急性期の胃腸管のびらん性および潰瘍性病変、消化性潰瘍。 - 低凝固(血友病を含む)。 - 肝不全および/または腎不全(50mg / lを超える血漿クレアチニン)。 - 出血性脳卒中(確定または疑い)。 - 出血性素因 - 他のNSAIDとの同時受診。 - 発症または再発性出血の高いリスク(手術後も含む)。 - 血液形成の違反。 - 妊娠、出産および授乳。 - 16歳までの子供の年齢(効率性と安全性は確立されていない)。 - 外科手術前および手術中の麻酔(出血のリスクが高いため)。 - 慢性疼痛。気管支喘息、胆嚢炎、慢性心不全、動脈性高血圧、腎機能障害(50mg / l未満の血漿クレアチニン)、胆汁うっ滞、活動性肝炎、敗血症、全身性エリテマトーデス。高齢(65歳以上)。鼻粘膜および鼻咽頭のポリープ。

妊娠中および授乳中に使用する

妊娠、出産、授乳に禁忌。
投与量および投与
Ketorolac-Verteは、疼痛症候群の重症度に応じて、1回または繰り返し経口投与される。痛みの重症度に応じて、1回10mgを繰り返し使用することを推奨します(10mg〜4回/日)。最大日用量は40mgを超えてはならない。経口投与の場合、コース期間は5日を超えてはなりません。

副作用

多くの場合、3%以上、より少ない頻度では1%〜3%、まれには1%未満です。消化器系の部分で:しばしば(特に胃腸管のびらんと潰瘍性病変の病歴を持つ65歳以上の高齢者の患者) - 胃痛、下痢。嘔吐、腹部膨満感、便秘、嘔吐、胃内膨満感などがあまりありません。まれに - 胃腸管の吐き気、びらん性および潰瘍性病変(穿孔および/または出血 - 上腹部領域における腹部または痙攣、メレナ、「コーヒー敷地のような嘔吐」、悪心、胸やけなど)胆汁うっ滞性黄疸、肝炎、肝腫、急性膵炎。尿路系疾患:まれに - 急性腎不全、血尿および/またはアテローム性動脈硬化症を伴うまたは伴わない背痛、溶血性尿毒症症候群(溶血性貧血、腎不全、血小板減少、紫斑)、頻尿、尿量の増加または減少、腎臓の発生。感覚の部分ではめったにない - 難聴、耳鳴り、視力障害(視覚のぼけを含む)。呼吸器系では、まれに:気管支痙攣または呼吸困難、鼻炎、喉頭浮腫(息切れ、呼吸困難)。中枢神経系の部分では、しばしば頭痛、めまい、眠気、まれに無菌性髄膜炎(発熱、重度の頭痛、痙攣、頚部および/または背筋)、多動(気分の変化、不安)、幻覚、うつ病、心臓血管系以降、血圧が上昇することは稀であり、まれに肺水腫、失神することが少なくなります。血液形成臓器の側面から:めったに - 貧血、好酸球増加、白血球減少症。止血システムから:まれに - 術後創傷からの出血、鼻血、直腸出血。皮膚の部分では、皮膚発疹(黄斑浮腫を含む)、紫斑病、稀に剥脱性皮膚炎(寒冷の有無にかかわらず発熱、紅斑、肌の硬化または剥がれ、扁桃の腫脹および/または圧痛)、蕁麻疹、スティーブンズ症候群ジョンソン、ライエル症候群。局所反応:頻度が少なく、注射部位での灼熱や痛み。アレルギー反応:まれにアナフィラキシーやアナフィラキシー様反応(皮膚の変色、皮膚の発疹、蕁麻疹、かゆみ、呼吸困難、眼瞼浮腫、眼窩周囲浮腫、息切れ、呼吸困難、胸部ひどさ、喘鳴)。その他:頻繁に腫れます(顔、足、足首、指、足、体重増加)。頻度が低い - 過度の発汗、まれに - 舌の腫れ、発熱。

注意事項

多くの場合、3%以上、より少ない頻度では1%〜3%、まれには1%未満です。消化器系の部分で:しばしば(特に胃腸管のびらんと潰瘍性病変の病歴を持つ65歳以上の高齢者の患者) - 胃痛、下痢。嘔吐、腹部膨満感、便秘、嘔吐、胃内膨満感などがあまりありません。まれに - 胃腸管の吐き気、びらん性および潰瘍性病変(穿孔および/または出血 - 上腹部領域における腹部または痙攣、メレナ、「コーヒー敷地のような嘔吐」、悪心、胸やけなど)胆汁うっ滞性黄疸、肝炎、肝腫、急性膵炎。尿路系疾患:まれに - 急性腎不全、血尿および/またはアテローム性動脈硬化症を伴うまたは伴わない背痛、溶血性尿毒症症候群(溶血性貧血、腎不全、血小板減少、紫斑)、頻尿、尿量の増加または減少、腎臓の発生。感覚の部分ではめったにない - 難聴、耳鳴り、視力障害(視覚のぼけを含む)。呼吸器系では、まれに:気管支痙攣または呼吸困難、鼻炎、喉頭浮腫(息切れ、呼吸困難)。中枢神経系の部分では、しばしば頭痛、めまい、眠気、まれに無菌性髄膜炎(発熱、重度の頭痛、痙攣、頚部および/または背筋)、多動(気分の変化、不安)、幻覚、うつ病、心臓血管系以降、血圧が上昇することは稀であり、まれに肺水腫、失神することが少なくなります。血液形成臓器の側面から:めったに - 貧血、好酸球増加、白血球減少症。止血システムから:まれに - 術後創傷からの出血、鼻血、直腸出血。皮膚の部分では、皮膚発疹(黄斑浮腫を含む)、紫斑病、稀に剥脱性皮膚炎(寒冷の有無にかかわらず発熱、紅斑、肌の硬化または剥がれ、扁桃の腫脹および/または圧痛)、蕁麻疹、スティーブンズ症候群ジョンソン、ライエル症候群。局所反応:頻度が少なく、注射部位での灼熱や痛み。アレルギー反応:まれにアナフィラキシーやアナフィラキシー様反応(皮膚の変色、皮膚の発疹、蕁麻疹、かゆみ、呼吸困難、眼瞼浮腫、眼窩周囲浮腫、息切れ、呼吸困難、胸部ひどさ、喘鳴)。その他:頻繁に腫れます(顔、足、足首、指、足、体重増加)。頻度が低い - 過度の発汗、まれに - 舌の腫れ、発熱。

処方箋

はい

Reviews