Ketorolac solution in / in / mmを購入する30mg / ml 1mlアンプN10

Ketorolac溶液/ in / mm 30mg / ml 1mlアンプN10

Condition: New product

1000 Items

$11.95

More info

有効成分

ケトロラック

構成

1ミリリットルケトロラクトロメタモールを30mg。賦形剤:ラクトース一水和物、トウモロコシデンプ​​ン、アルファ化デンプン、微結晶性セルロース、ポビドン、ステアリン酸マグネシウム、ナトリウムカルボキシメチル澱粉。

薬理効果

NSAIDs。ケトロラクのトロメタモールも、顕著な鎮痛作用を有する抗炎症および解熱アクション適度があります。作用機序は、COX-1とCOX-2の非選択的阻害に関連している痛み、炎症や発熱の病因において重要な役割を果たしてアラキドン酸からプロスタグランジンの生成を触媒します。モルヒネに匹敵する鎮痛効果の力で他のNSAIDに著しく優れています。それぞれ、0.5時間後に観察された鎮痛効果を開始して、最大の効果は、1〜2時間後に達成されます。

適応症

中等度の重症度に強い疼痛症候群: - 負傷。 - 歯痛。 - 術後の痛み。 - 腫瘍学的疾患。 - 筋痛、関節痛。 - 神経痛、坐骨神経痛。 - 捻挫、伸展。 - リウマチ性疾患。それは、申請時に痛みや炎症を軽減、対症療法のために意図され、それが疾患の進行には影響を与えません。

禁忌

- 完全または部分的なアセチルサリチル酸又は(履歴を含む)他のNSAIDの喘息、再発鼻ポリープ、および副鼻腔や不耐症の組み合わせ - 蕁麻疹、NSAID(履歴)によって引き起こさ鼻炎 - 不耐性薬剤は一連のピラゾロン - 血液量減少(その原因に関わらず) - びらんや潰瘍性胃腸病変の増悪 - (血友病を含む)hypocoagulation - 出血のか、その開発の高リスク - 重度の腎不全(クレアチニンクリアランス30ml未満/メートル) - 重篤な肝障害またはアクティブな肝疾患 - 冠動脈バイパス後の状態は - 薬物に過敏症 - 炎症性腸疾患 - - 配送期間 - 授乳の期間 - 16歳までの子ども(安全性及び有効性は確立されていない)高カリウム血症を確認しました。気管支喘息、術後期間、慢性心不全、浮腫症候群、動脈性高血圧、腎機能障害(50mg / l未満の血清クレアチニン)、胆汁うっ滞、敗血症、全身性喘息、胃腸管障害(アルコール依存症、喫煙および胆嚢炎)エリテマトーデス、他のNSAIDとの併用、虚血性心疾患、脳血管疾患、脂質異常症/高脂血症、糖尿病、末梢動脈疾患、慢性腎不全(CC30-60ml /分)、歴史的に消化管の潰瘍性病変、ヘリコバクターピロリ感染の存在、NSAIDsの長期使用、重度体性疾患、経口GCS(プレドニゾロンを含む)の同時投与、抗凝固薬(ワルファリン)、抗血小板薬(クロピドグレルを含む)、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(シタロプラム、フルオキセチン、パロキセチン、セルトラリン)、高齢患者(65歳以上)。

妊娠中および授乳中に使用する

妊娠中や授乳中の使用は禁忌です。治療時には母乳育児をやめるべきである。

副作用

副作用の頻度:しばしば(3%以上)、頻度が低い(1-3%)、めったにない(1%未満)。消化器系では:しばしば胃痛、下痢。嘔吐、腹部膨満感、便秘、嘔吐、胃内膨満感などがあまりありません。まれに食欲不振、悪心、胃腸管のびらん性潰瘍性病変(穿孔および/または出血を含む - 腹部痛、上腹部領域の痙攣または燃焼、糞便またはメレナの血液、血液などの嘔吐によるコーヒー吐き気、胸やけ)、胆汁うっ滞性黄疸、肝炎、肝腫大、急性膵炎。尿路系から:急性腎不全、腰痛、血尿、貧血、溶血性尿毒症症候群(溶血性貧血、腎不全、血小板減少、紫斑病)、尿量の増加または減少、腎炎、腎臓の浮腫。感覚の部分ではめったにない - 難聴、耳鳴り、視力障害(視覚のぼけを含む)。呼吸器系ではまれに - 気管支痙攣や息切れ、鼻炎、肺水腫、喉頭浮腫(呼吸困難)。神経系の:頻繁に - 頭痛、めまい、眠気。 (気分の変化、不安)、幻覚、うつ病、精神病、失神などの症状を呈することがある。心臓血管系以来、それほど頻繁ではない - 血圧が上昇する。造血器官の部分ではめったに - 貧血、好酸球増多、白血球減少症。血液凝固系の部分では、稀に - 術後創傷からの出血、鼻出血、直腸出血。皮膚の部分では、より少ない頻度で皮膚発疹(黄斑 - 丘疹発疹を含む)、紫斑。蕁麻疹、悪性滲出性紅斑(スティーブンス - ジョンソン症候群)、毒性表皮壊死(ライエル症候群)のような、皮膚の炎症を引き起こすことがある。アレルギー反応:まれにアナフィラキシーやアナフィラキシー様反応(皮膚の変色、皮膚の発疹、蕁麻疹、かゆみ、眠気、眼瞼浮腫、眼瞼浮腫、胸部の重度、喘鳴)。局所反応:頻度が少なく、注射部位での灼熱や痛み。その他:頻繁に腫れます(顔、足、足首、指、足、体重増加)。頻度が低い - 発汗が増加し、まれに - 舌の腫れ、発熱。

注意事項

副作用の頻度:しばしば(3%以上)、頻度が低い(1-3%)、めったにない(1%未満)。消化器系では:しばしば胃痛、下痢。嘔吐、腹部膨満感、便秘、嘔吐、胃内膨満感などがあまりありません。まれに食欲不振、悪心、胃腸管のびらん性潰瘍性病変(穿孔および/または出血を含む - 腹部痛、上腹部領域の痙攣または燃焼、糞便またはメレナの血液、血液などの嘔吐によるコーヒー吐き気、胸やけ)、胆汁うっ滞性黄疸、肝炎、肝腫大、急性膵炎。尿路系から:急性腎不全、腰痛、血尿、貧血、溶血性尿毒症症候群(溶血性貧血、腎不全、血小板減少、紫斑病)、尿量の増加または減少、腎炎、腎臓の浮腫。感覚の部分ではめったにない - 難聴、耳鳴り、視力障害(視覚のぼけを含む)。呼吸器系ではまれに - 気管支痙攣や息切れ、鼻炎、肺水腫、喉頭浮腫(呼吸困難)。神経系の:頻繁に - 頭痛、めまい、眠気。 (気分の変化、不安)、幻覚、うつ病、精神病、失神などの症状を呈することがある。心臓血管系以来、それほど頻繁ではない - 血圧が上昇する。造血器官の部分ではめったに - 貧血、好酸球増多、白血球減少症。血液凝固系の部分では、稀に - 術後創傷からの出血、鼻出血、直腸出血。皮膚の部分では、より少ない頻度で皮膚発疹(黄斑 - 丘疹発疹を含む)、紫斑。蕁麻疹、悪性滲出性紅斑(スティーブンス - ジョンソン症候群)、毒性表皮壊死(ライエル症候群)のような、皮膚の炎症を引き起こすことがある。アレルギー反応:まれにアナフィラキシーやアナフィラキシー様反応(皮膚の変色、皮膚の発疹、蕁麻疹、かゆみ、眠気、眼瞼浮腫、眼瞼浮腫、胸部の重度、喘鳴)。局所反応:頻度が少なく、注射部位での灼熱や痛み。その他:頻繁に腫れます(顔、足、足首、指、足、体重増加)。頻度が低い - 発汗が増加し、まれに - 舌の腫れ、発熱。

処方箋

はい

Reviews